薄桃色の蜜畑、「ツツジの花」

//2018.5.13//ツツジの花蜜///

今日、子どもたちと一緒に味わったのは、今が盛りのツツジの花。
子どもの頃、帰り道に花の蜜を吸っていたという人、多いのではないでしょうか。
かく言う自分も、甘い蜜を帰り道に味わっていた一人。
子どもたちに、実はね…と言いながら、花の蜜の食べ方をレクチャーしました。
花を一つ引き抜いて、逆さにして口に含んで吸い込む、ただそれだけなんですけどね。
ほんのりとした甘さと花の香り。はちみつの方がずっと甘いし、もっと美味しいお菓子はいくらでもあるはずだけれど、植物の体の中でこんな味が作られていたんだ、ということに何だか感動してしまいました。ミツバチや蝶も、なかなかいい食事をしてるじゃないか…!

「花を味わう」という体験が、子どもたちにとってはかなり面白かったらしく、危うく乱獲されてしまうところでした…。
みんなに見てもらう花だから、1日2つまで!と約束。みんなで分かち合う喜びや、命を大切にする心も、みちばたで育っていきますように。

関連記事

  1. 小さな野草の生命力 「ノビルの醤油漬け」

  2. のせて、包んで。「桑の実クレープ」

  3. ほろ苦い香りの化石「はっさくピール」

  4. 黒い果実の優しい甘み、桑の実

  5. 軒先の、記憶。「自家製干し柿」

  6. ワイルド里芋の煮っころがし

  7. 採れたての、瑞々しさと歯ざわり「キュウリの冷や汁」

  8. いのちを感じる、鮮烈な香り「ヤマモモの実」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

制作実績一覧

PAGE TOP