愛ある広告のカタチ「サヴィニャック展」

フランスの広告ポスター画家、サヴィニャック展に行ってきました!

商品の特徴が一目で分かる明快さはもちろん、ちょっとシュールなシチュエーションにも憎めない愛嬌があって、気がつくとポスターを通して理屈じゃない好感度が生まれている。そんな「心に響く広告」にたくさん触れることができました。

巨匠に「やっぱ愛だろ」、と声をかけてもらったような気分になりました(笑)

説得ではない、幸福な「いいな」のシェアを届けられるよう、頑張らねば!

関連記事

  1. メッセージを貫く、意志。

  2. 〈もの〉と〈ことば〉が出会う、「詩のホテル」

  3. 手仕事が伝わるパッケージ 「土屋鞄のランドセル」

  4. 弱さは、強さ。

  5. 記憶と響き合う、内面からのリンク。

  6. 優しい眼差しで紡ぐ、マナーの新しいカタチ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

制作実績一覧

PAGE TOP