軒先の、記憶。「自家製干し柿」

//2019.11.16//自家製干し柿///

娘の七五三のお祝いに、別府の山奥にある実家へ行ってきました。
阿蘇くじゅう国立公園に隣接する実家は、温泉地として有名な別府市内から、30分ほど山道を車で登ったところにあります。当然、近くに店はないので、野菜は家で採れるものが中心。時々、我が家にも野菜を送ってもらっています。

ここ数年はお盆以外で実家に訪れることがなかったので、軒先にずらりと並んでいる干し柿を、久しぶりに見ることができました。
「今年はあんまりとれなかったんだ」…と言ってましたが、親父におかん、2人じゃ食べきれんぐらい量あるだろ…と、心の中で突っ込んでしまいました(笑)。
小さい頃、爺ちゃん家に行くと食べさせてもらえる、干し柿と梅酒の梅が好物だったなぁ…。

関連記事

  1. 春の実りをゴクリ、「桑の実ジュース」

  2. 清流を味わう「ハヤの唐揚げ」

  3. 地面からニョキニョキ、「たちっぽ」

  4. 黒い果実の優しい甘み、桑の実

  5. 懐かしい風景と、香り。「みょうがの醤油漬け」

  6. 真っ赤な果実を、ぎゅっと濃縮「やまももジャム」

  7. ほろ苦い香りの化石「はっさくピール」

  8. 春の香り、よもぎ蒸しパン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

制作実績一覧

PAGE TOP