ほろ苦い香りの化石「はっさくピール」

//2019.2.23//はっさくピール///

ご近所さんのご縁で、今年もいろんな柑橘をいただきました。
特に、八朔は皮まで瑞々しくて捨てるのが勿体なかったので、実を食べた後にピールを干していただくことに。

茹でこぼしてアク抜きをしたら、砂糖・ラム酒と一緒にコトコト煮込んで、3日かけて天日干し。
透き通るような色でふにゃっとしていたピールが少しずつ締まって行く様子を、
「まだかな?もう良いよね?」と子どもたちと一緒に眺めながら楽しく待ちました。

ほろ苦い大人味のピールは、甘さよりも香りを楽しむ仕上がりに。
シャリっと口にすれば、冬眠して石化していた生物が急に目を覚ますような、ワインの栓を開けたような鮮やかさ。
干す文化や保存食のこういうタイムカプセルっぽさ、実験みたいで面白いし、先人の知恵と工夫に驚かされます。

関連記事

  1. 地面からニョキニョキ、「たちっぽ」

  2. 春の実りをゴクリ、「桑の実ジュース」

  3. 摘み取る、喜び。「枝付きさくらんぼ」

  4. 採れたての、瑞々しさと歯ざわり「キュウリの冷や汁」

  5. 春の香り、よもぎ蒸しパン

  6. 海のにおいと、山の香り。「わかめの柚子あえ」

  7. 薄桃色の蜜畑、「ツツジの花」

  8. 掘りたてを、頬張る。「とれたて大学いも」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

制作実績一覧

PAGE TOP