本を介したコミュニケーションのリレー「まちライブラリー」

ららぽーと甲子園に新しくオープンした、みんなの寄贈でつくる図書館、まちライブラリーに行ってきました。

自分が読んだ本を、短い紹介をのせて誰かにお勧めする。読んだ人が、感想を書き込んでリレーしていく。一冊の本を介したコミュニケーションから生まれる、交換日記のような密やかさと体温が素敵だなぁと感動しました。

今回出会ったのは、岡野大嗣の現代短歌集「サイレンと犀」。

生活のなかで誰しもが経験するような場面を、“あぁ、そういう感じ方をしてたかも”と瑞々しく切り取る感性に、尊敬するコピーライター岩崎俊一さんの「コピーは、つくるのではなく見つけるものだ」という言葉を思い出しました。

“僕の背のほうへ電車は傾いて向かいの窓が空だけになる”

関連記事

  1. 下から見れば。

  2. みんなの、古民家。

  3. 実りを、積む。

  4. はじまりを、ともに。「パーソナルトレーニング ルート」

  5. 清流と、あそぶ。

  6. 時間がつくる生きた色“岩絵具”

  7. “触れる”非言語コミュニケーション musashimaru cafe

  8. 西郷ど〜ん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

制作実績一覧

PAGE TOP