触って楽しい、春の香り「よもぎ団子」

//2019.4.19//よもぎ団子///

入ったばかりの小学校から帰る娘と、保育園へ通う息子を迎えに行った帰り道。
ヨモギが群生している空き地を発見!寄り道して虫を探しながら遊んだ後、柔らかい新芽を摘ませてもらいました。

家に帰ってから茹でてすり潰し、白玉粉と混ぜ合わせてヨモギ団子に。
子どもたちが夢中で捏ねて作った、星や動物などいろんな形の団子を、たっぷりの湯で茹でる。
水分を吸って膨らみ、ゆっくり浮かび上がってくる様子や、冷たい水にとるとキュッと縮む様子に一喜一憂しながら作っていきました。
爽やかで青っぽい春の香りを、たっぷりのきな粉と一緒に味わいました。

関連記事

  1. 清流を味わう「ハヤの唐揚げ」

  2. ほろ苦い香りの化石「はっさくピール」

  3. のせて、包んで。「桑の実クレープ」

  4. 海のにおいと、山の香り。「わかめの柚子あえ」

  5. 薄桃色の蜜畑、「ツツジの花」

  6. 小さな野草の生命力 「ノビルの醤油漬け」

  7. いのちを感じる、鮮烈な香り「ヤマモモの実」

  8. 軒先の、記憶。「自家製干し柿」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

制作実績一覧

PAGE TOP