実りを、積む。

運営にかかわっている自然遊びグループ「めがねピクニック」で育てている、有機農法の田んぼの稲刈りイベントがありました。
稲を刈り終わった部分に木の杭で「はぜ」を作って、藁でくくった稲を干していく。
こうやって天日干しで乾かすと、米粒に旨味が集まって美味しくなるそうです。
自然の力を借りながら、できるだけ手作業で棚田の良さを残した米作りを指導してくれる、田んぼの師匠、車地さんに感謝!

一足先に刈って干しておいた米を羽釜で炊いて、みんなで食べたこともいい思い出になりました。
文字や画像だけでは得られない、生きているものや人にふれながら確かめる「体験」の厚みを、大事にしていきたい。そんなことを感じた一日でした。

関連記事

  1. 八百屋のおばあちゃんに、ストーリーを学ぶ

  2. はじまりを、ともに。「パーソナルトレーニング ルート」

  3. 下から見れば。

  4. 清流と、あそぶ。

  5. “触れる”非言語コミュニケーション musashimaru cafe

  6. みんなの、古民家。

  7. 本を介したコミュニケーションのリレー「まちライブラリー」

  8. 時間がつくる生きた色“岩絵具”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

制作実績一覧

PAGE TOP