海のにおいと、山の香り。「わかめの柚子あえ」

//2020.2.12//わかめの柚子あえ///

家族ぐるみでお付き合いさせてもらっているご近所さんから、音戸に住むお父さんが採ってきたワカメをおすそ分けしてもらいました。
普段は乾燥させたものとか、塩漬けにしているものしか見ないけれど、今朝まで海の中にいたらしいワカメは生命力が凄い!
特に、海底を捉えている根っこの部分は、アームレスリングの選手並みの迫力でした(笑)

たっぷりのお湯で茹でると、茶色から鮮やかな緑へと一瞬で色が変わっていく様子に、子どもたちもびっくり。部屋の中に海のにおいが広がって、砂浜を散歩しているような気分で調理を楽しみました。

今回は、以前住んでいた家のお隣さんからいただいた、小振りだけれど香り高い柚子を絞って、さっぱりと爽やかに。生わかめならではの歯ざわりをたっぷり楽しませてもらいました。
海と山の香りのマリアージュ、最高でした!

関連記事

  1. 懐かしい風景と、香り。「みょうがの醤油漬け」

  2. 夏野菜をたっぷり、冷んやり。「実家野菜のそうめん」

  3. 摘み取る、喜び。「枝付きさくらんぼ」

  4. 触って楽しい、春の香り「よもぎ団子」

  5. 薄桃色の蜜畑、「ツツジの花」

  6. 掘りたてを、頬張る。「とれたて大学いも」

  7. 春の実りをゴクリ、「桑の実ジュース」

  8. 小さな野草の生命力 「ノビルの醤油漬け」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

制作実績一覧

PAGE TOP